読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きりんログ

-愛と青春と声豚の記録-

『泣きべそパンダはどこへ行った ~ハルカカナタ 口笛の旅~』 トークイベントの記録

内田彩

都内某所(九段下サイエンスホール)で行われた、『泣きべそパンダはどこへ行った ~ハルカカナタ 口笛の旅~』 トークイベント。イメージBDの当選者を対象に開催されたイベントでした。

登壇者は内田彩さんと、日本コロムビアの川崎さん。内田さんファンならお馴染みの二人。内田さんの衣装は、イメージBDでもお馴染みのひまわり柄のワンピースでした。(上のTwitterの写真で内田さんが来ている衣装です。)

イベントは、簡単な近況報告トーク→サイコロトーク→プリクラ争奪ゲームの流れでした。順を追って、簡単なレポ&感想をしていきたいと思います。

 

近況報告トーク

印象に残っているのが、カレーの話からの最近忙しくてという話。

最近川崎さんとお仕事で会う機会があって、お弁当で4種類くらいカレーが出たそうですが、内田さんはチキンカレーを選択。川崎さんはチーズカレーが好きだということで内田さんは「譲ってあげた」とおっしゃっていましたが、川崎さんいわく「チーズカレーは1個しかなかったわけじゃないですよ」とのこと。

会場からはまったりとした笑いが起こり、壇上のお二人もお互いに笑われていました。そんな雰囲気がイベントを通してずっと流れていました。

内田さんは、昼に続いて夜もチキンカレーを家に持ち帰ったそうですが、最近忙しいとのことでカレーを家で食べてそのまま寝てしまったそうです。そんな日々が続いているとのことですが、川崎さんはボソッと「自堕落…」と一言。内田さんは笑っていました。内田さんと川崎さんの独特な間の会話は聞いていて楽しいです。

 

サイコロトーク

モニターに表示されたお題は以下の通り。出目に応じて、詳細なトークテーマが発表される形式でした。

1 食 2 遊 3 苦労 4 希望 5 技 6 演技

内田さんは、4を聞いた時、誹謗中傷の「誹謗」だと思ったとのこと。誹謗だったらどんなトークが繰り広げられていたのか気になるところです…

 

最初は、サイコロで4の「希望」が出ました。

お題は、「もう一度北海道に行くならどこに行く?」というもの。

旭山動物園に行きたい!」という内田さん。川崎さんから理由を聞かれたところ、「ペンギンが歩いてるところを見れるから」とのこと。川崎さんは「歩くペンギンは他の動物園でも見られるんじゃ…」とおっしゃられていましたが、おそらく園内を闊歩するペンギンを見られるという意味だったんじゃないでしょうか…

イメージBDにも円山動物園が出てきますが、スケジュールの都合で基本走っての移動だったそうで、ゆっくりとは見られなかったそうです。内田さんは走るのが速いらしく、カメラマン含めたスタッフさんたちは追いかけるのに必死だったとのこと。

イメージBDには映っていませんでしたが、屋外で木と木の間を移動するレッサーパンダが内田さん的にいちばん可愛かったそうです。内田さんは飼いたい動物はなにか質問されていましたが、「犬を飼いたいけど、本当はうさぎを飼いたい」とのこと。最近忙しくて家に帰れていないということで、うさぎは飼えないだろうという結論に至ったそうです。

 

次のサイコロで出たのは2の「遊」。お題は、「行ってみていちばん楽しかったところは?」というもの。

内田さん的に、天狗山が一番楽しかったそうです。

山の上から小樽の景色を一望できたり、スタッフを山の斜面から押して転がしたりたりして。中でも、山のふもとの鐘の側には、四つ葉のクローバーが沢山生えていたそうで。でも、四葉だけじゃなくて、五つ葉、六つ葉、八つ葉とかもう、四葉以上のクローバーがありすぎて逆に怖くなったそうです。

そんなエピソードを話した後で、川崎さんが「楽しかったんですよね?」というトークテーマに立ち返った質問を投げていました。

 

その後、次なるトークテーマのためにサイコロを振る内田さんですが、2と4ばかり出てしまい最終的には足で蹴ったり、自分で出目を作為的に出したりして、サイコロを雑に扱っていました。

 

ようやく(無理やり)決めた出目は、6の「演技」。テーマは「イメージBDの冒頭でうっちーに話しかけていた川崎さんへの演技指導をする」でした。

このトークテーマが決まった時は、川崎さんが「このテーマはやりたくなかった…」とのこと。

イメージBDの冒頭というのは、空港に到着した内田さんに「ねぇねぇねぇねぇ!声優の内田彩さんですよね!?」と、川崎さんが内田さんに問い詰めるところです。

このトークテーマを決めたスタッフさん的には、川崎さんの演技が微妙だったから声優の内田さんに直々に演技指導をしてもらおう、という流れを期待していたんだと思います。

ですが、内田さんは、「完璧だった!」と一言。「だって、ちょっとイラッとしたもん!ねぇねぇねぇねぇ!のところとか特に!笑」とのこと。

川崎さん的にこのシーンは頑張られたそうで、監督から何回も指導を受けたそうです。というのも、川崎さんは「いつもこんな喋り方なので、監督から感情を入れて下さい!」とおっしゃられていました。

 

次の出目は1の「食」。トークテーマは「北海道で食べたいちばん美味しいものは?」。

内田さんは「芋きん!」と回答。空港で1個買って食べた時はすごく美味しかったらしく、すぐにリピートして2個目を買ってしまったそうです。その後は、差し入れでも芋きんが多くなったいうお話もされていました。

ですが、川崎さんは「北海道で食べたものですよ?」と切り込みます。お腹を抱えて爆笑する内田さん。川崎さんも釣られて笑っていました。

結局、北海道で美味しかったものは「あわび」「うに」とのこと。海無し県の群馬に住んでるので、より一層美味しく感じるそうです。「北海道へ行く飛行機代が乗っかっている美味しさ」とも。

ちなみにイメージBDで食べた海鮮丼屋さんの通りでカニなどを触らせてもらったそうですが、そこの店主のおじさんが「俺、アニメ好きだからサイン書いてよ!声優も詳しいよ!」って言ってくれたそうで、本当に詳しいのか半信半疑でいたところ「こないだも諏訪部順一が来たし!」と言って、諏訪部さんを知っているなら私も知っているかもという確信に変わったという面白話をしていました。

 

そして最後の出目は5の「技」。トークテーマは「結局、口笛を吹けるようになったの?」でした。

内田さんはその場で実演をさせられて、ヒュー…と空気が抜ける音がマイクに乗っているだけのようでした。川崎さんはお客さんに対して「皆さんできますか?」と質問。会場はいっせいに口笛を吹いて、音色まで付ける人も。

内田さんは「爽やかでない風が来ました…」と一言。会場に笑いが起こりました。

次にどこに口笛の練習に行きたいかという話では、「沖縄」に行きたいとのこと。でも川崎さんは「別に東京でも口笛の練習はできますからね…」と釘を刺していました。

 

プリクラ争奪ゲーム

二択の問題を出してお客さんが答えていき、プリクラのプレゼント枚数の50人になった時に終了となるルール。Blooming!のリリイベでやったお客さんが右か左を向いて答える方式でした。イメージBDを見ていただけると分かるかと思いますが、プリクラには川崎さんも映っていて。川崎さんは「スタッフの部分は半分に切って捨てていただいても構いません」とおっしゃっていました。

 

第一問:北海道にもう一度行ったら食べたいものは?

A:寿司 B:ジンギスカン

正解:寿司

先ほどのサイコロトークで海産物が美味しいと言っていたことがヒントになっていたようですが、川崎さんの「内田さんはあまのじゃくですからね」の一言で、脱落する人がちらほらいました。

 

第二問:旅行に行きたいのはどっち?

A:北海道 B:沖縄

正解:沖縄

これも先ほどの話がヒントになっていて、答えは沖縄でした。最近寒くなってきたから、今は沖縄に行きたいとのこと。

 

第三問:モノマネをするならどっち?

A:エルヴィス・プレスリー B:マイケル・ジャクソン

正解:エルヴィス・プレスリー

シンキングタイムに「ジェシーおいたん!」と連呼していた内田さんですが、正解はやはりエルヴィス・プレスリーでした。マイケル・ジャクソンだと変なのやらされそうだけど、プレスリーならみんな誰?って感じになりそうだから選んだそうです。

 

第四問:海外旅行に行きたいのはどっち?

A:ハワイ B:パリ

正解:パリ

理由は、パリはなかなか行けないからということでした。ハワイは近いうちに行ってそうだよねとも。

 

第五問:一週間食べ続けるならどっち?

A:秋刀魚 B:梨

正解:秋刀魚

梨だと水っぽいし、痩せちゃいそうとのこと。また、身体を動かす仕事があるから、秋刀魚の方がエネルギーになるし、梨だと声が出なくなっちゃそう、というマジな理由で回答をされていました。

 

二択のクイズは終わりましたが、最終的に人数が50人以下に減ってしまったので、プリクラを賭けたじゃんけん大会に移行しました。

じゃんけんの前に、内田さんが「次はサービスだからね」とか色々と惑わせることを言ってくるので、それを読んで勝負をするといった形でした。

北海道でのBlooming!のリリイベでも同じようにじゃんけんをしたそうですが、北海道の人は心が綺麗だから、素直にグーを出すからねと言われたらパーを出して負けていた人が多かったそうです。

ですが、東京の人はイベントで当選ハガキを勝ち取ったりしているので、素直には行かないだろうなとのこと。「じゃんけんで勝った人は心が汚いんだよ!笑」ともおっしゃっていました。

 

じゃんけん大会は無事に終了しましたが、内田さんいわく、ジャンケン負けて「あ~」って言いながらみんな落ち込んでいくのがカイジっぽくって、内田さん的にかなり楽しかったそうです。内田さんが楽しそうで何よりです。

 

プリクラをプレゼントするときは、スタッフが見事ゲームに勝ち残った人の元に手渡ししに行っていました。

内田さんは、「プリクラは絶対に落としちゃダメだよ!」とのこと。「よく駅とかでプリクラが落ちてるの見かけるけど、『出会って何ヶ月』みたいのが書いてあるよね」とあるあるネタを言っていました。

あと、「プリクラをほかの人に見せて、『これ俺の彼女!』とかやっちゃダメだからね!」と、我々の考えを先読みされて、釘を刺されました。

 

以上で、イメージBDのイベントの内容は終了です。

終始、内田さんが楽しげに笑っている姿が印象的なイベントでした。

川崎さんとの息もぴったりで、まったりとした間が心地よかったです。

 

ちなみに最後の挨拶で印象に残っている内田さんの言葉があります。

ソロ活動で最初は『アーティスト 内田彩』というものになりきる(演じる)必要があったのかなとか思っていたそうですが、ファンの皆さんや、スタッフさんに支えられて、今回のイベントのように、無邪気にありのままの内田彩としていられることが何よりも嬉しいとのことでした。

楽しいイベントの最後にキリッとした言葉で締めてくれる内田さんはいつもの通りでした。